username 
 password 

  新規登録 | パスワード紛失?

メインメニュー
サイト内検索
トップ
   MR談話室
     釣果報告(^^
投稿するにはまず登録を

| 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | 下へ
投稿者 スレッド
koichi
投稿日時: 2008-5-4 22:07
プラチナメンバー
登録日: 2007-6-14
居住地: 秋田県
投稿: 1501
Re: 釣果報告(^^
5/3、山形県・鼠ヶ関マリーナから出航して楽しんできました。
自宅からマリーナまでの車での移動時間は1時間半。
GWの交通量が多い中、2004年に共にグッドデザイン賞を受賞した
日産・ムラーノ&ハンマーヘッドは、結構視線を感じます。(苦笑)


午前7時半、マリーナ到着。ランチングはなれたものですので
即出航。ポイントに着くと、あたり一面、ナブラ!ナブラ!ナブラ!
ずっと、ナブラ撃ちのキャスティングゲームで。
メチャ楽しかったです。

天気もよく気温もあがり、午前中はベタ凪で、Tシャツで
ナブラを追っかけまわす、あの気持ちよさ。
「HHを買って本当に良かった!」と思える時間でした。
初めて、リールハンドルを廻す指の革が剥けました。

今年、待望のマイボートでの釣果。
ワラサ1本、イナダ・・・多数です。(多分20本ぐらいか)
100m近くジグキャストして、70cm近いワラサを掛けて
見なさい!!

青い海。5月の雲一つない青空。爽やかな軽い風。

これが楽しくないはずがありません。




仙台から来たトレーラブルボーダーYAMAHA ベイスポーツ16の
ご夫婦とも鼠ヶ関マリーナでなかよくなりました。

海水温は、驚きの17度!!!!
3週間前の地元より10度も高い。
雪しろの流入河川がなければ、こうなのか。

鼠ヶ関に向かう途中、最上川、赤川は、
1週間以上雨が降っていないのにも関わらず、
満々とい水をたたえ、悠々と流れていました。

今日5/4は、息子たちをボートに乗せて、地元で
遊んでみようと思います。

それで、今後の僕の行動が決まってきます。
(今後地元で粘るか、南に遠征に行くか)

トレーラブル・ボート、万歳!です。





koichi
投稿日時: 2008-5-5 18:43
プラチナメンバー
登録日: 2007-6-14
居住地: 秋田県
投稿: 1501
CASTING DE BURI!!!!
今日も、山形県鼠ヶ関に行ってきました。
風、波は心配していませんでしたが、午後から確実に雨になるので
勝負は午前中!と決めて出かけました。


本当は、行くつもりは無かったのです。
でも昨夜から天気予報を見てると、明日6日は天気が回復しても
風強く、風向きも悪いから波が上がるだろう、と推測しました。
であれば、今日の午前中しかない。
ボーズでもOK!釣りが出来る幸せを満喫しよう!という
心がけがいい結果をもたらしたのかも知れません。


しかし、自分の場合、大物を釣りあげた時に限って、
出航前にトラブルがあります。
昨年、87cmのマダイを釣った時は、出航前に落水していますし、
今回は、ランチングのあと、
ドレインコックを閉め忘れをしてしまいました。
トレーラーから離れエンジンを掛けた瞬間に思い出したので
大事には至りませんでした。
即トレーラーに船を乗せ、スロープから引き上げたのですが
結構水は入ってしまい、全部抜けるのに5分ぐらいかかりました。

これで、悪い運は使い果たしたので、一路、大瀬周りを目指します。
天候:曇り。東北東の風1〜2m、波0.5m
表面海水温度14.9度。一昨日より大分低くなっていました。


周りはナブラ。
ナブラと言っても、洗濯機のようなナブラではありません。

バフッ・・・バフッ!という、多分、コアミを吸い込んでいる音と共に
大きなモジリのようなナブラなのです。
背びれや尾びれが見え隠れし、モジリの大きさから、
ワラサ以上であることはよくわかります。

ロッド:MajorCraft OFFBLOW OB-76PE Castingモデル。
リール:04STELLA4000
ライン:PE1.5号+ナイロン30lbショックリーダー。
ジグ:EVERGREENオーシャンフリート:カプリスキッド50g


ハンマーヘッドの特等席、バウに立ち、
ナブラの動きを見定め、バウレールに身を預けて、
キャスティング。
ジグが海面から飛び出ない速さで早巻きして誘います。

釣りを開始して5分ぐらいだろうか、ワラサがヒット。
幸先がいいぞ!と続けます。

殆どトップゲームと同じ。
バイトシーンが丸見えです!!!
一際大きな魚体が食いついてきました。
激あわせを3回入れてリールを巻くと、
ドラグが悲鳴を上げて、ラインが真下に引き込まれます。

やり取りすること、5分だろうか・・それ以上か。

浮き上がってきたのは90近い、正真正銘のブリでした。


単独釣行なのでランディングが大変でした。
持ってきた網には入らないので、
ネイチャーボーイズのハンドギャフを初めて使いました!!

嬉しい!初めてのブリです。





その後、ワラサ、ブリを追加し、
最終的には、ブリ2ほん、ワラサ7本の釣果でした。


出航前のトラブルは、好釣果をもたらすジンクスを実践。


午後12時半、真っ黒な雲と共に、遠くで雷が。
突風が吹いてきたので、マリーナに戻りました。
マリーナ到着と同時に、激しい雨。
船の塩出ししてくれるので助かります。(笑)


本当に、楽しい日でした。

他の船は、さっぱりだったようです。


これは、僕の実力ではなく、ハンマーヘッドというボートの
実力ですな。





満足です・・・・。



MS-077
投稿日時: 2008-5-5 18:51
プラチナメンバー
登録日: 2008-4-3
居住地: 大分市
投稿: 253
Re: CASTING DE BURI!!!!
ジュルジルッ

美味しそうだ(> <)
ran
投稿日時: 2008-5-5 19:30
プラチナメンバー
登録日: 2007-6-5
居住地: 大分県
投稿: 499
Re: CASTING DE BURI!!!!
凄すぎですね。!!!!!

興奮が伝わってきて、驚きます。!!

HHで、ブリ90とは、、、、まいりました。

ここ、九州では、「ありえない釣果」です。

良い時期に有漁船で、ブリ釣りして、一人6-8本ぐらいが、
アベレージ記録で、80以上の1本は、あたるかあたらないか、
まれです。


東北「雪国」の力が自然の魚を活性化させてるのでしょうか。

新しい、HHの釣りのスタンスを開発しましたね。

羨ましい限りです。



koichi
投稿日時: 2008-5-5 21:49
プラチナメンバー
登録日: 2007-6-14
居住地: 秋田県
投稿: 1501
Re: CASTING DE BURI!!!!
引用:

Ranさんは書きました:
新しい、HHの釣りのスタンスを開発しましたね。


これは、僕の実力ではなく、ハンマーヘッドというボートの実力ですな。



何故、そう思うかというと、
「Casting」だからです。

HHの機動性が優れていたからです。


あの機動性は洗濯機ナブラではない、波と見分けがつかない微妙なナブラを見つけて移動するには必須です。

決して僕の腕ではなかったと思います。
あるとすれば・・・・HHを選んだ選択眼が良かった という所でしょうか。(笑)

大きな乗合船や、他のプレジャーボートが何隻もいました。
魚も賢くエンジン音などのする場所では魚は沈んでしまいます。大型船は魚探の他にソナーを持っているので魚影の濃い場所にいるのは確実なのです。

僕はコバンザメです。(笑) 魚影の濃い大型船の近くにエンジンを切って静かに待機しています。大型船が流しなおしに移動すると・・・・警戒を解いた魚は浮いてきます。僕はそれをジッと待っている訳です。

あとは、魚のいるところに、Castingするだけ。
そのCastingが出来るのは、ハンマーヘッドのバウスペースがあるからです。
あのバウレールがあるから、安心してCastingできる。
SmallBoat誌5月号の「あのバウスペースを切り取るのも一つの選択肢だ」などと馬鹿げた事は書かないで欲しい。何もわかっちゃいない。
高い安定性、高い浮力。バウに立った時の見渡しの良さはナブラを探すのに欠かせません。だからナブラを誰より早く見つけられる。クルーザーヨットレースで培われた風探しの技術が生かされます。

だから、
今日の楽しさは、愛艇ハンマーヘッド・シェエラザート号がもたらしてくれたものなのです。

本当に最高のGWにしてくれたHHシェエラザート号に、心からの感謝を。

「ありがとう!」



って事で、明日は天気回復だけど、南西の風強く、の予報なのでHHを良く洗ってワックスをかけて、美人さんにしてあげようと思っています。(笑)
cinq
投稿日時: 2008-5-7 8:57
プラチナメンバー
登録日: 2007-6-24
居住地: 広島県
投稿: 394
Re: CASTING DE BURI!!!!
HHでのブリおめでとうございます!!
羨ましい限りです(*^_^*)

確かに、ナブラキャスティングにおいては
機動力が大事ですよね。
しかし、機動力だけではなくキャステイング
技術も伴わないと釣れないので、HHの性能
だけのブリではないと思いますよ

ネイチャーボーイズのハンドギャフをHHに
積まれているのにも驚きました(^_^;)
さすがです!!
これからもガンガン釣って下さいね♪
« 1 ... 5 6 7 (8)
| 新しいものから 前のトピック | 次のトピック | トップ